cuee利用規約

サービス利用規約

運営会社に関して

こちらをご参照ください:株式会社iMarke

第1条(適用)

cuee利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社iMarke(以下「当社」といいます。)が運営する動画ギフトプラットフォーム「cuee」(以下「本サービス」といいます。)において、提供される動画コンテンツ制作依頼の申込みを勧誘する利用者(以下、「タレント」といいます。)とそれの申込みを行う利用者(以下、「ユーザー」といいます。)が本サービスを利用する際の権利義務関係を定めるものです。
(1)本サービスを利用するタレント及びファンは、本サービスの利用により、本規約が適用されることについて予め同意しているものとみなします。なお、未成年者の利用には保護者等の法定代理人の方による事前の同意を得ていることが前提となります。
(2)当社が本サービス上で掲載する本サービスに関する各種ルール等も本規約の一部を構成するものとします。
(3)本規約の内容と、前項のルール等が異なる場合は、本規約の規定が優先するものとします。

第2条(定義)

本規約において各用語の定義は以下に定めるものとします。
(1)「タレント」とは、第3条の定めに従い登録を完了し、本サイトにおいて制作する動画の各条件(以下「制作条件」といい、(3)で定義します。)を掲載し、制作条件に従い動画コンテンツ(以下、「ビデオメッセージ」といい、(4)で定義します。)の制作及びその依頼の申込みを勧誘する全ての者をいいます。
(2)「ユーザー」とは、本サイトにおいてビデオメッセージの制作依頼の申込み(以下、「リクエスト」といいます。)を行う者をいいます。なお全ての団体、個人は営利目的で本サービスを利用できないものとします。
(3)「制作条件」とは、タレントが登録したプロフィールと当該タレントが動画を制作する際の条件のことをいいます。なおビデオメッセージにかかる制作条件の詳細はタレント毎の紹介ページに掲載されるものとします。
(4)「ビデオメッセージ」とは、タレントがファンのリクエストに応じ制作する動画コンテンツをいいます。
(5)「取引」とはビデオメッセージの利用許諾を目的とするタレントとファン間の契約を意味します。
(6)「知的財産権等」とは、著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む。)、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)及びノウハウを意味します。
(7)「プロダクション」とは、タレントの所属する全ての団体において所属タレントの創作活動、実演活動等により発生した著作権法上の権利を有する事業団体とします。
(8)「本サービス利用者」とは、本サービスを利用する全てのタレント及びユーザーとします。

第3条(本サービスの利用)

ユーザーはタレントに対して動画作成のリクエストを行います。リクエストを受けたタレントは、承諾するかどうかを選択する事ができます。タレントがリクエストの承諾を行い入金の確認後、取引が成立するものとし、タレントはユーザーに対してユーザーからのリクエストに従った動画を制作し、定められた期日までにユーザーに動画を提供する義務が発生します。なおcueeプラットフォーム上にてリクエストに従った動画のアップロードを行う事でユーザーに動画を提供したものとみなします。
ただし、本サービスの検証段階において、当社は作成された動画をYoutubeにアップロードするものとします。

第4条(支払い)

ユーザーは本サービスに掲載された支払期日までに別途本サービスに定められた方法(銀行振込、カード決済、その他決済サービス等)に従い当社にビデオメッセージの対価及び当社への本サービス利用料の合算額を支払うものとします。なお支払いにかかる振込手数料等はユーザーが負担するものとします。なお、取引の成立後は当社の責めに帰すべき重大な理由を除き、いかなる理由であってもユーザーに対する返金対応はいたしません。

第5条(ビデオメッセージの権利関係)

(1)本サービスに関する知的財産権等は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービス利用の許諾は当該知的財産権等の利用許諾を意味するものでないことを、本サービス利用者は予め理解のうえ、これに同意するものとします。
(2)本サービス利用者は本サービスにおいて掲載する情報、コメント等について、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、及び掲載する情報、コメント等が第三者の権利を侵害していないことを当社に対して表明し、保証するものとします。
(3)本サービス利用者は、掲載する情報、コメント等の知的財産権等について、当社に対し、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを予め付与するものとします。
(4)本サービス利用者は、本サービスに掲載する情報、コメント等を当社が広告目的で他社メディアへの掲載のために利用(複製、配布、派生著作物の作成等を含むがこれに限らないものとします。)することを予め許諾するものとします。
(5)本サービス利用者は、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに予め同意するものとします。
(6)当社は、ユーザーに対して、ユーザーがビデオメッセージをプレゼントしようとした対象者(以下「プレゼント対象者」といいます。)にビデオメッセージを閲覧させる目的及び非営利目的でのプレゼント対象者に対する利用にのみビデオメッセージのライセンスを許諾する物とし、上記以外での第三者への公開のすべてにおいて当社への再利用申請を行うものとします。
ただし、タレント及びプロダクションより承諾を得られている場合は、その限りではありません。(承諾を得られているかは、制作条件に記すものとします。)また、ユーザーはこれに同意するものとします。

第6条(ビデオメッセージの利用)

ユーザーは第5条(6)に定める権利に基づいてのみビデオメッセージを利用できるものとします。
そのため、ユーザーは(a)営利目的(b)タレントユーザー若しくはプロダクションの許可を得ていない場合、当社が提供したビデオメッセージをプレゼント対象者以外の第三者が閲覧することのできるソーシャルネットワーキングサービスやウェブサイトにアップロードする行為ができないことを理解し、同意するものとします。
結婚式などのイベントで放送する場合は、この限りではありません。
この規定に反した場合、ユーザーはタレントの知的財産権等を侵害する可能性があります。
また、当社が当社及び「cuee」のプロモーションの目的でプレゼント動画を利用することがあることにつき、ユーザーはこれを理解し、プレゼント動画にプレゼント対象者の氏名・顔写真等が含まれていたとしても、プレゼント対象者にその権利を主張させないものとします。

第7条(禁止事項)

本サービス利用者は、以下の行為をしてはならないものとします。
(1)法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
(2)当社、タレント又はユーザーもしくはその他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為
(3)公序良俗に反する行為
(4)当社、タレント又はユーザーもしくはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(タレントが所属する事務所との契約上の権利を含みます。)
(5)ビデオメッセージを商用目的(ユーザー本人又は第三者の利益を得る目的を含むがこれに限らないものとします。)で利用又は転売をする行為
(6)本サービス上のコメントや投稿又はビデオメッセージにおいて個人情報を特定できる情報を掲載、送信又は撮影する行為
(7)本サービスにおいて、消費者契約法、特定商取引法等関連する法律に反する広告、表示、契約条件でユーザーを募集する行為
(8)本サービスを介さないタレントとユーザー間のビデオメッセージ制作における直接取引
(9)ビデオメッセージ以外の自己が企画する動画の制作等の申込みの勧誘を本サービス内で行う行為
(10)本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
(11)本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(12)当社のネットワーク又はシステム等への不正アクセス又は不正なアクセスを試みる行為
(13)第三者に成り済ます行為
(14)当社が許諾していない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為
(15)本サービスの他のタレント又はユーザーもしくはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
(16)反社会的勢力等への利益供与
(17)面識のない異性との出会いを目的とした行為
(18)上記(1)~(17)に該当する内容のリアクション動画(プレゼント動画に対して、ユーザーがタレントへのお礼等の目的で作成、アップロードする動画をいいます。)の作成及び本サービスへのアップロード
(19)タレントの承諾を得ずビデオメッセージの複製、改変又は加工を施す行為
(20その他、当社が不適切と判断する行為

第8条(サービスの停止、変更及び終了)

当社は、保守作業の必要性又は当社の都合等により、提供するサービスを一時的に休止、その内容を変更又は提供を終了することができるものとします。当社がサービスの提供を終了する場合、当社は原則としてユーザーに対し本サービス上において事前に通知又は公表を行うものとします。
当社は、提供するサービスの内容を変更又は提供を終了したことに起因してユーザーが損害を被ったとしても一切の責任を負いません。また、上記サービスの変更によって、変更前の本サービスのすべての機能・性能が維持されることを保証するものではありません。

第9条(反社会勢力の排除)

ユーザーは、自己及びプレゼント対象者が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、 暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力団等、その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力」という)のいずれにも該当しないこと、及び次の各号の一にも該当しないことを表明・保証し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
(1)反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3)自己又は第三者の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
(4)反社会的勢力に対して資金等を供与し、又は便宜を供与するなど反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与をしていると認められる関係を有すること
(5)役員又は実質的に経営に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していること、またユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。

  1. 暴力的な要求行為
  2. 法的な責任を超えた不当な要求をする行為
  3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
  4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
  5. その他前各号に準ずる行為

第10条(本規約の変更)

当社は任意に本規約を変更することができるものとします。
当社は、本規約を変更する場合、原則として、本規約を変更する旨、変更内容及び効力発生時期を本サービス上に通知又は公表する方法により総利用者に周知し、本サービス利用者が本規約等の変更後に本サービスを利用したことをもって、変更後の利用条件に同意したものとみなします。

第11条(免責)

当社は、ビデオメッセージの内容及び品質につき、一切責任を負いません。また、ビデオメッセージにより、ユーザー又はプレゼント対象者に何らかの損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。

第12条(一般条項)

本規約に定める条項の一部が強行法規への抵触その他の理由により無効とされた場合であっても、当該無効とされた条項以外の他の条項は有効に存続するものとします。この場合、当該無効とされた条項は、当初に意図された経済的目的が可能な限り達成できる有効な条項に当然に置き換えられるものとし、本サービス利用者はこれらをあらかじめ承諾するものとします。
本サービス利用者、当社の書面による事前の同意なく、本規約に基づく契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることができません。
また、当社は、本サービスに係る事業の全部又は一部を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく当社の権利及び義務並びにユーザーのアカウントその他の情報等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につきあらかじめ同意するものとします。
本規約は、日本法を準拠法とし、同法に基づいて解釈されます。本規約及びユーザーによる本サービスの利用に起因又は関連して生じた一切の紛争・問題については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。本規約は全て日本語により表示され、日本語のみにより解釈されます。

第13条(利用停止、登録抹消、利用契約解消)

(1)当社は、本サービス利用者が、以下の各号のいずれかに該当する又は当社が該当すると判断した場合は、事前に通知又は催告することなく、本サービス利用者について本サービスの利用の一時的な停止、又は登録の抹消もしくはサービス利用契約を解除することができます。

  1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
  3. 支払い停止もしくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらの手続の開始の申立てがあった場合
  4. 1年以上本サービスの利用がない場合
  5. 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して7日間応答がない場合
  6. 第7条各項に該当する場合
  7. その他、当社が本サービスの利用、タレントとしての登録又はサービス利用契約の継続を適当でないと判断した場合

(2)本サービス利用者は、当社所定の方法に従い本サービスから退会、登録の抹消をすることができます。
(3)退会時の債務が残存する場合、本サービス利用者は残存する債務の一切について期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

第14条(退会)

(1)本サービス利用者は、当社所定の方法に従い本サービスから退会、登録の抹消をすることができます。
(2)退会時の債務が残存する場合、本サービス利用者は残存する債務の一切について期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

第15条(登録情報、掲載情報の消去)

サービス利用契約が理由の如何を問わず終了した場合、当社は本サービス利用者の登録情報及び本サービスに掲載した情報を速やかに削除するものとします。ただし、本サービス利用者は、本サービスに掲載された情報が本サービス以外の外部メディアでの広告等ですでに掲載されていた場合には、当該情報は削除されない場合があることを予め承諾するものとします。

第16条(機密保持)

本サービス利用者は、本サービスに関連して当社が秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の書面の承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。
また、本条は本サービス利用者の本サービスからの退会、登録の抹消後も適用されるものとし、本サービス利用者はこれに同意するものとします。

第17条(個人情報保護)

当社によるタレント及びユーザーの個人情報(「個人情報」とは生存する個人の情報であり、特定の個人を識別することができる情報又は、他の情報と容易に照合することにより特定の個人を識別することができる情報をいいます。)の取扱いについては、次項以下で定める場合を除き別途当社が定めるプライバシーポリシーの定めによるものとします。タレント及びファンは当該プライバシーポリシーに従った取り扱いについて予め同意するものとします。
(1)当社は、本サービスを提供するに当たり、当社が了知した個人情報等について、以下各号に定める目的で利用するものとし、本サービス利用者は予めこの点について了承するものとします。

  1. 本サービスを提供し、本サービス利用者を管理するために必要な場合(本人確認等をする場合を含みます。)
  2. 当社各種サービスのご案内等(ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含みます。)を行う場合
  3. 本規約や法律等に基づく権利の行使や義務の履行の場合
  4. 本サービスの品質管理・品質向上のために行うマーケティング調査及び分析に利用する場合
  5. 本サービスの各種問い合せに対応する場合やアフターサービスを行う場合
  6. 本サービスの提供に関する事柄についての連絡、追加サービス等の情報提供を行う場合
  7. 本サービスにおけるシステムの維持、不具合対応を行う場合
  8. その他、当社がタレントあるいはユーザーに事前連絡の上、個別に了承をいただいた目的に利用する場合

(2)当社は、タレントあるいはユーザーの個人情報等を、以下のいずれかの事由に該当する場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとし、かつ本サービスを提供していく上で必要な範囲を超えて利用しないものとします。

  1. タレントあるいはユーザーの同意が得られた場合
  2. 本サービスに関して、当社の権利行使に必要な場合
  3. 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に事業を承継する者に対して開示する場合
  4. 個人情報保護法その他の法令により認められた場合
  5. 官公庁等の公的機関から法令に基づき開示を求められた場合

(3)本サービス利用者は、本サービスに関連して当社に提供した個人情報等について、開示、削除、訂正又は利用停止の請求ができるものとし、本人からの請求であることが確認できる場合に限り、当社はこれに速やかに対応するものとします。
(4)当社の本件問合せ窓口は以下の通りとします。
株式会社iMarke

(5)当社は、本サービス利用者の提供した情報について、個人を特定できない形で統計的な情報として加工し、当社の裁量において利用することができるものとし、タレント及びファンは予めこの点につき承諾するものとします。

第18条(通知)

本サービスに関する問い合わせ、その他本サービス利用者から当社に対する連絡又は通知及び本規約の変更に関する通知、その他当社から本サービス利用者に対する連絡又は通知は、本サービス上に掲示する方法又は電子メールにより行うものとします。

第19条(地位の譲譲)

(1)本サービス利用者は、当社の書面による承諾を得た場合を除き、サービス利用契約上の地位又は本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

(2)当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡、会社分割等により譲渡(以下、「事業譲渡等」といいます。)を行った場合には、サービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに本サービス利用者の情報その他の顧客情報を事業譲渡等に伴い当該他社に譲渡することができるものとします。本サービス利用者はかかる譲渡につき予め同意するものとします。
なお、この場合のサービス利用者への当社からの通知については、第18条の方法のうち当社が適切と判断した任意の方法を採用することができるものとします。

第20条(準拠法及び管轄裁判所)

(1)本規約及びサービス利用契約の準拠法は日本法とします。

(2)本規約又はサービス利用契約に起因し、又は関連する一切の紛争については、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

タレント向け個別規定

第21条(制作条件の本サービスへの掲載)

タレントは、制作条件の詳細(動画内容、撮影の条件、対価、支払期日、キャンセルポリシー、タレントの名称・住所等)を本サービス上に掲載し、ビデオメッセージ制作依頼の申込みを募るものとします(場合により、特定商取引法上の表記を含みます。)なお、タレントは、本サービスにおいて、公序良俗に反する又は法令に反する制作条件の掲載、又は本規約に違反する制作条件を掲載してはならないものとします。

第22条(ビデオメッセージ制作依頼の申込みに対する承諾)

タレントは、ビデオメッセージ制作の依頼申込みがあったときは、速やかに承諾の可否を検討し、ユーザー及び当社に承諾の可否を通知しなければならないものとします。

第23条(ビデオメッセージ制作依頼に対する対価の受取)

制作依頼の承諾後、本サービスに掲載された支払期日までに、ユーザーからタレントに対するビデオメッセージの対価及び本サービス利用料の合算額を、当社が受領するものとします。
当社の受領後契約が発生するものとします。
当社は、当月のビデオメッセージの対価(キャンセルの場合キャンセル料)を、当月末で締め翌月末までに別途本サービス上で定められた当月分にかかる本サービス利用料を控除した金額をタレントに支払うものとします。なお支払いにかかる振込手数料等はタレントの負担とします。

第24条(キャンセル料受取の例外条件)

タレントは取引が成立したビデオメッセージについて、取引成立後当該ユーザーの責に帰することのできない不可抗力等の事由(当該事由の存否については客観的事由に基づいて当社が合理的に判断するものとします。)に基づいてビデオメッセージのキャンセルの申し出を受けた場合には、キャンセル期間を渡過したときであってもこれに応じるものとし、タレントは当該対応について予め了承するものとします。

第25条(規約違反)

タレントは、本規約第7条第8項に定める禁止事項を行った場合、当該タレントが直近6ヶ月間に提供したビデオメッセージの対価相当額又は金20万円のいずれか高い額を違約金として当社に支払うものとします。

ユーザー向け特別規定

第26条(ビデオメッセージの制作依頼と取引の成立)

ビデオメッセージの制作を希望する利用者は、本サービスにおいて掲載された制作条件を確認の上、本サービスにおいてタレントに対し、ビデオメッセージ制作の依頼申込みを行うものとします。当該申込みがタレントにより承諾されることによりユーザーとタレント間で取引が成立します。

第27条(ビデオメッセージの対価の支払)

ユーザーとタレント間で取引が成立した場合、ユーザーは本サービスに掲載された支払期日までに別途本サービスに定められた方法(銀行振込、カード決済、その他決済サービス等)に従い当社にビデオメッセージの対価及び当社への本サービス利用料の合算額を支払うものとします。なお支払いにかかる振込手数料等はユーザーが負担するものとします。

第28条(雑則)

ユーザーは、本サービスにおいて法令又は本規約に違反する内容の制作条件やビデオメッセージ内容の申込みの勧誘が掲載されていることを発見した場合、速やかに当社に通知するものとします。